ダイソーとホーマックのリメイクシートの使い心地と感想

  • 2019年7月6日
  • 2020年1月14日
  • ideas
  • ,
  • 301人も読んでくれた!

今回紹介するのは、大人気の「リメイクシート」です!

つけるのが簡単な上に、手軽に雰囲気を変えられる、しかも百円!

と至れりつくせり。

人気が出るのも当然ですよねっ。

こちらのお話超初心者だけどDIYに挑戦したので手記を書いてみた(前半) でもちらっとご紹介したのですが、DIYど素人の私がお部屋の雰囲気を手軽&安価で変えられないかと模索した結果、最初に出て来たのが、このリメイクシートという便利グッズでしたっ。

 

そして今回は、実際にうちのアイテムをリメイクシートでリメイクした様子。色んなリメイクシートの感想などもお伝えできればと思います!

 

百均に売ってるリメイクシートってやつは本当に素晴らしかった(笑)

私はなんとなくDAISOで買いました(笑)

種類も豊富で20種類近く売られてたと思います。

あと、セリアにも行ってみたんだけど、なんとなく自分の好みに合う柄がダイソーの方が多いように見えたので、今回はダイソーで買ってみました。←あくまで個人の趣向です

ってことで、まずはそんなDAISOリメイクシートのお陰で、急に前よりオシャレ感が出た我が家のキッチンの様子をご覧いただければと思います。

ダイソーとホーマックのリメイクシート。我が家の台所

しかも、リメイクシートを貼ったのは台所廻りだけではニャーなのです!

もう、とにかく私はものぐさ過ぎるので、最近ではダンボールをデスクがわりにしてた有り様。

ほら見て。オシャレな段ボールになった(笑)

百均リメイクシートを貼ったら急にオシャレになったダンボール

これでひもじい気持ちとはさよならねっ♪

 

しかもコレ!押入れの隙間から見える白い箱もおしゃれで違和感ありませんが・・・

 

 

まさか上半分むき出しなんて誰も気づかない♪♪

ダイソーとホーマックのリメイクシート。ダンボールに貼ったら目隠しにぴったり

もぶこむ。とりちき。思うところあり

 

あと台所に置いてた段ボールも、シートをつけたら急に馴染んでくれました♪

ダイソーとホーマックのリメイクシート。キッチンのダンボールに貼ったら違和感無くなった

・・・あんたンち段ボールまみれやん。
でもダンボールって、丁度いい大きさを見つけやすいから地味に便利なんですよねっ(笑)
合わなかったら捨てて、また新しいヤツ持って来ればいいもんね
・・・。

と言う感じで、一度買ったら私はもう百均リメイクシートの虜になってしまったんです。

 

 

リメイクシートの気になった点

ここからは、そんなリメイクシートの「気になった点」をピックアップしたいと思います。

私が何より気になるのは「安っぽく見えないか」でした(笑)

 

売られている状態ではみんな素敵な感じに見えたけど、実際は当たり外れはないものかと。

これはあくまで個人的な印象として聞いてくださいね!

もぶこむ・とりちき。困惑????

ダイソーのリメイクシート売り場に行くと、大きく分けて

「ロールタイプ」(巻かさってて折り目がないタイプ)
「畳まさった状態で入っているタイプ」(折りたたみタイプ)

ダイソーとホーマックのリメイクシート。種類

この2パターンが売られていました。

 

私自身両方買ってみたのですが、実際に使ってみるとそれぞれ特徴が違うように感じたんです。

それはこんな感じ。

 良い点
悪い点
折りたたみタイプ質感がリアルで良さげ。ほんのり厚みがあるでも粘着力はさほど強くない
ロールタイプ粘着力が高いから剥がれにくいでも質感は安っぽい。薄いからシワができやすい

 

このように、それぞれに一長一短を感じましたが、どちらのタイプがオススメか?と聞かれたら

間違いなく折れてるタイプです。

ちょっと分かりにくくて申し訳ないのですが、ロールタイプ(向かって奥右側)は、ダンボールの段差がくっきり浮かんでいますが、折りたたみタイプ(向かって手前左側)は、ほとんど見えないんです!

ダイソーとホーマックのリメイクシート。ダンボールに貼って比較してみた

しかも折れてるタイプは、質感に微妙な凹凸が作られているから、ほんのりリアルな印象になるし、なんとなくプリントの質も良い印象があります。

だから、このタイプのシートを貼っていても「安っぽさ」は比較的感じにくいと思いました!

 

逆に、比べるとロールタイプは少し「のっぺり」してる印象で、折れてるタイプほどのリアル感は感じられませんでした。

ダイソーとホーマックのリメイクシート種類別比較。質感や粘着力。安っぽさがかなり違う!

ただロールタイプはピタッと張り付くので、剥がれやすそうな部分への貼り付けには向いていると思います。

 

ちなみに私がパソコン机にしているダンボールですが、これに貼っているリメイクシートは全部、台所に使って余った部分の寄せ集めです。

だから所々パッチワークのように重ね貼りをしている状態なのですが、折れてるタイプは端っこがちょこっと剥がれてきやすいです。

逆にロールタイプは薄地だからと言うのもありそうですが、全く剥がれてくる気配はありません!

 

二重に貼り付ける部分や、ちょっと凹凸がある場所へ貼る時は、ロールタイプの方が向いていると思います。

 

 

テーブルなど大きなものに貼りたい時はホーマックがオススメ!

 

ホーマックな時点で百均じゃないのですが、実はホーマックにもリメイクシートが売られていましたっ(笑)

しかも用途に合わせて折れてるタイプとロールタイプの2パターン。

折れてるタイプは百均でもおなじみですが、ロールタイプの方はよく見たら2mも入ってて値段も約200円!

ホーマックのリメイクシートはロングタイプで大きいものにも簡単に貼れる!嬉しい

テーブルとかの大きめのアイテムだと、百均のリメイクシートだと長さが足りないことも多いので、このアイテムは地味に嬉しいです♪

 

せっかくなので早速ホーマックのリメイクシートを使ってみる

ダンボールばっかりで本当に恐縮なのですが、もう一つアレンジをしたいダンボールがあったんです(笑)

実は後日、極度の肩こりに耐えきれずパソコン用のテーブルを購入したのですが、どうしても今まで使っていた段ボールも台座にしたかったから、見栄えを良くしたいと思っていたんです。

せっかくテーブルを新しくしても、一緒にダンボールがでーんと居たらテンションが上がらない・・(;;)

 

ホーマックの白木目調リメイクシートをダンボールに貼り付け!

↑ロールに切れ目はありませんが、最後だけ折り目がついてます(でも貼ったらほとんど目立たなかった!)

 

まず、チェックしたいのは粘着力ですね!

使った感じ、ダイソーのロールタイプ(付きがいい方)とほとんど変わらないくらいの粘着力があるように感じました。

 

粘着力あるがゆえに貼り直すとシワになったりもしがちですが、きっとダンボール(紙)への貼り付けだから仕方ない所もあるので、許容範囲です。

むしろ貼り直しても粘着力が下がらないので、助かりました。

ホーマックの白木目調リメイクシートをダンボールに貼り付け!貼り直しも簡単

 

裏地もメモリが付いてて切りやすいし、質感もダイソーの折りたたみ式(お洒落な方)に近いくらいのリアルさもあります。

ホーマックの白木目調リメイクシートをダンボールに貼り付け!切るのも楽チン

 

値段的にも百均と変わらない程度なのに、見た目も自然で粘着力もある。地味におトクなアイテムだと思いました!

ホーマックの白木目調リメイクシートをダンボールに貼り付け!白い家具によく馴染む♪

百均のリメイクシートが好きでお近くにホーマックがある方は、一度購入してみても良いと思います♪

 

最後にリメイクシート3種の特徴を改めてっ。

(私が感じた印象)良い点悪い点
ダイソー折りたたみタイプ質感がリアルで良さげ。ほんのり厚みがあるでも粘着力はさほど強くない
ダイソーロールタイプ 粘着力が高いから剥がれにくいでも質感は安っぽい。薄いからシワができやすい
ホーマックロールタイプ粘着力あり・そこそこリアル&厚みあり・シワもできにくい・・あったかしら??

こんな人向け!!

ダイソー折りたたみタイプ

粘着力が低くてもリアルさや厚みを追求したい
ダイソーロールタイプ
とにかく粘着力が欲しい!
ホーマックロールタイプ
全部程よい!しかも長ーく使いたい♪

こんな印象を私は持ちました(´◡`)

 

柄や質感大きさ等、いろんなシートが販売されているので、その場の用途に合わせたアイテムを探すのも楽しいですね♪

ゆきちき。もぶこむ。ライン公式アカウント友達募集中

なまらおすすめ。最新情報 ( *´ω`* )
>LINEお友達を募集しています!

LINEお友達を募集しています!

LINEアカウント ゆきちき@もぶこむ。のお友達を募集しています!もぶこむ&とりちゃん。感想やご要望、その他リクエストなど頂けるとむっちゃ励みになりますっ。お友達になってくれた方には、たまにゆきちき。のつぶやき&更新情報なんかが届いたり、ごく稀に壁紙とかも届くかもっ(´`*)笑

CTR IMG